ダイエット中でも気にせず食べられる麺とは?

ダイエット中に摂り過ぎNGとされるのが、
“炭水化物”ですよね。

最近ではカロリー制限よりも、
炭水化物を減らす糖質制限が主流です。

ですが、
「お腹いっぱい主食を食べたい!」
というのがダイエッターの本音では?

特にダイエットには不向きのラーメンやパスタ、
食べたいと思っている人も多いはず…。

そこでここでは、
ダイエット中でも気にせず食べられる“麺”をご紹介します!

なぜ太る?炭水化物がNGとされる理由

そもそもなぜ太ってしまうのか、
なぜ炭水化物が太ると言われているのかご存知ですか?

私たち人間が太る原因には
“血糖値”が大きく関係してきます。

血糖値とは、
文字通り血液の中の糖分のことです。

ご飯やパン、麺類などの炭水化物には
“糖質”が多く含まれています。

糖質は体の中でブドウ糖に変えられ、
血液によって運ばれて筋肉や内臓に届き、
エネルギーとして使われます。

ただ、この糖質(炭水化物)を摂り過ぎると、
血糖値が急激に上昇!

筋肉や内臓に運びきれなくなった糖は脂肪細胞に届けられ、
食事がとれなくなった時
すぐエネルギーとして使えるように蓄えられます。

つまりこれが“太る”ということなのです。

炭水化物を摂ると太ると言われているのは、
糖質が多く血糖値が上がりやすいためなんですね。

炭水化物がダイエットの妨げになる?

血糖値が上昇するリスクは、
太りやすくなるだけではありません。

それ以外のリスクも負うことになります。

どういうことなのかご説明していきますね。

炭水化物をたくさん食べて血糖値が急激に上昇したあとは、
血糖値が一気に下がります。

今まで血中にたくさん流れていた糖が、
体に蓄えられて一気になくなるわけです。

血糖値が下がると、
眠気やだるさ、手足の震えなどが起きやすくなります。

自律神経が乱れて不安感が強くなることも…。

また血糖が低くなっていると、脳は空腹と勘違いします。

つまりお腹はいっぱいなはずなのに、
「なんとなくお腹が空いてる気がする」
「何か甘いものが食べたい…」
という気持ちが強くなるのです。

ダイエット中は低炭水化物が◎!

上記で挙げたように、
炭水化物はダイエット中に不向きと言えます。

量を少なくする、
主食を野菜などで置き換えるなど…

できるだけ炭水化物を控えることで、
貯め込まれているエネルギーがうまく使われて痩せることができます。

ただ、このやり方はなかなか続かないんですよね…

お腹いっぱいになりにくいため、
反動も起きやすいのです。

それが原因でダイエットに失敗してしまった…
という人もたくさんいます。

特に麺類は
よく噛めない…
量を少なくするとお腹いっぱいにならない…

低炭水化物ダイエットには不向きな食材と言えます。

そこでおすすめしたいのが“大豆麺”です!

大豆麺とは名前の通り、大豆でできた麺のこと。

食べごたえ、カロリー、栄養面においても
非常に優れたダイエット食・健康食なんですよ。

ダイエット中でも食べられる麺!大豆麺の魅力

安心して食べられる大豆麺として
“ソイドル”がおすすめです。

ソイドルは通販限定の商品ですが、
大豆の栽培からその後の品質管理まで徹底されていて安心です。

もちろんその他にもソイドルには魅力がいっぱい!

どんな麺なのか、なぜダイエット中にも食べられるのか、
詳しく見ていきましょう。

大豆だけでできている!

ソイドルはなんと大豆100%でできています。

普通の麺には小麦粉などが使われていますが、
ソイドルは小麦粉はもちろん、つなぎも使用していません。

そのため糖質がかなり低いのです。
うどんと比べると96%も糖質をカットできます。

栄養も豊富!

大豆100%のソイドルは栄養も豊富です。

ダイエットに欠かせない食物繊維は
100gあたり5.1g。

これは麺類の中でも食物繊維が豊富な蕎麦に比べても、
倍以上の量になります。

またメリハリのあるボディに欠かせないたんぱく質も
100gあたり10.8g含まれています。

これは蕎麦やパスタの約2倍の量に相当します。

イソフラボンで美容にもいい!

大豆イソフラボンもたっぷり摂取できます。

1食に含まれる大豆イソフラボンは92mg。
これは豆腐1丁に相当する量です。

イソフラボンはバストアップや美肌にも作用する栄養です。

痩せるだけではなく、
美容にもいいのは嬉しいですよね。

ヘルシーなのに満腹感がある!

1食のカロリーは89kcalとかなりヘルシーです。

にもかかわらず、大豆のしっかりとした噛みごたえがあり、
ダイエット中の物足りなさをカバーすると同時に、
高い満腹感を得ることができます。

お腹いっぱい食べても太らない大豆麺

「ダイエット中でも、お腹いっぱい麺類を食べたい!」
そんな人は、低糖質な大豆麺を取り入れてみましょう。

麺自体には強い味がついていないので、
和・洋・中とお好きなメニューにアレンジ可能。
飽きずに続けられます。

公式サイトでは1週間お試しセットも用意されています。

「どんな味か試してみたい」
という人はチェックしてみてはいかがでしょうか。