ダイエット中に蕎麦を食べたら太る?

ダイエット中に
“蕎麦”を活用している人も多いと思います。

確かに蕎麦はヘルシーというイメージがありますよね。
他の麺類と比べてもカロリーも低く、
ビタミンや食物繊維などの栄養も摂れます。

ですが本当に蕎麦はダイエット向きなのでしょうか?

ここでは蕎麦とダイエットについて
お伝えしていきます。

蕎麦は食べたら太る?

蕎麦はシンプルな味付けで食べることができ、
天ぷらなどを添えない限り
カロリーや脂質が高くなることはありません。

麺類の中でも、太りにくい麺に分類されると思います。

ですが忘れてはいけないのは、
蕎麦が”炭水化物”であるということ。

いくらカロリーが低く太りにくいと言っても、
やはり糖質は含みます。

特に市販で売られている蕎麦には要注意。

そば粉100%のものなどは栄養価も高くダイエット向きですが、
市販で売られているほとんどのものは小麦粉が使われています。

そのため、たくさん食べれば血糖値も上がり、
太ってしまう恐れがあります。

ダイエット中は低炭水化物の食事を!

蕎麦は麺類の中ではダイエット向きと言えますが、
やはり体重を落とすなら
炭水化物を控える方法が一番かと思います。

シンプルに考えて、
糖質を控える、
今体に貯め込まれている脂肪がエネルギーとして使われる、
痩せる、という仕組みです。

ただ、デメリットとしては
低炭水化物ダイエットは”続かない”という点が挙げられます…。

さらにやり過ぎるとリバウンドの恐れも…。

そこでおすすめしたいのが“大豆麺”です。
次の章で大豆麺の魅力を詳しくご紹介していきます!

蕎麦よりももっとダイエット向き!大豆麺の魅力

大豆麺とは名前の通り大豆でできた麺のこと。
ダイエット中にも気にせず食べられる、大豆麺の魅力とは…?

低糖質&低カロリー

小麦粉が使われていない大豆麺は、
普通のうどんや蕎麦と比べて
糖質が90%以上もカットされています。

さらに蕎麦のカロリーが1食約270kcalなのに対し、
大豆麺は100kcal以下です。

太りにくく、ダイエット中も気にせず食べられます。

栄養面も◎!

蕎麦に比べて、たんぱく質や食物繊維も豊富です。

また美容にも良い大豆イソフラボンが摂取できるのも
女性にとっては嬉しいポイント。

満腹感がある!

蕎麦はつるつると食べれてしまうため
満腹感が得にくいというデメリットがありますが、
大豆麺はしっかりとした噛みごたえがあり
ゆっくりと食べることができて満腹感も得やすくなっています。

ダイエット中にもお腹いっぱい麺を食べたい!
食事を低糖質なものに置き換えたい!
という人は、ぜひチェックしてみてくださいね。